まぐチェンジ

男、ブログ、日常。何も起きない筈はなく──。

たぶん靴の話。

僕は結構歩くのが好きだ。

ひと駅ふた駅くらいの距離なら、まあ歩くかって感じで歩いてしまう。写真を撮るのも好きなので、スナップというか、まあそんな感じ。

そんなときに気になるのはやっぱり足元、靴。適当な靴を履いてしまうととにかくひどい。

サイズが合わなければ靴擦れするし、適切な重さを選ばないとすぐに疲れてしまう。あと僕は土踏まずが一切ないハイパー扁平足なので、クッション性とかインソールについても気にしなければいけない。扁平のおかげで、基本的にナイキの靴は足に合わないし。カッコイイのに……。

 

書いてて思ったんだけど、靴ってまるで彼氏彼女みたいだね。

性格とか習慣、生活水準が合わなければ摩擦が生まれて喧嘩になるし、重いとか軽いとかも自分に合った重さじゃないと気持ちが疲れちゃうし、見た目だけで選んでも後々苦労するのは自分だ。

その中にはもちろん身体の相性も大事になる。(んだと思う。彼女とセックスなんて贅沢な経験をしたことがないからわからない。)

 

人間、靴もパートナーも自分に合ったのが一番なんだな。